海舟jrの日々

ではまた会おう

----

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

0710

脱出ゲームシナリオ「案(?)」公開  

ちわ、海舟です

今回は前回の記事で少し触れた今年の文化祭に向けて脱出ゲームを作る

が、シナリオもクソも決まってないという話をしたんですが

シナリオ案がまとまったので公開します

ちなみにプレイ時間が15分程度と聞いたのでだいぶ短めです

では、追記で↓
まず、設定(?)とか…

・主人公は高校生(性別は未定)
・舞台はどっかの洋館
・エンドが4つある
・主人公が序盤から割と錯乱状態
・ひぐらしのなく頃に(特に鬼隠し編)の影響有

主人公は見たことのないお屋敷の中で目を覚ます
そして、自分が友達と下校中に道を歩いていると急に視界が真っ暗になって…
そこから記憶がない
⇒探索開始
友達の血塗られたカバンや制服が落ちている
・カッター(武器)入手
探索途中で得体の知れない怪物登場
逃走開始
⇒逃げ切れない(追いつかれる)
「怪物に喰われる(殺される)くらいなら…」とカッターで自分の手首、全身を切りまくる
死亡
BADEND1
一番真実に遠い終わり方
⇒逃げ切る
探索再開
・バット(武器)入手
(謎解きとか)←プレイ時間の尺にあわせて
⇒お屋敷の出口到着
怪物登場
主人公、「こいつを倒すことさえできれば!!!」戦闘を決意
戦闘突入
⇒戦闘に勝利
血だらけの怪物の様子がどうもおかしい
近づいてみると着ぐるみで中身は恋人
慌てて友達が登場
恋人と友達が主人公に仕掛けたドッキリ(カバン等は演出、屋敷は友達の1人の家の所有地)
ネタばらしのあと、主人公の誕生日を祝うつもりだった
と説明
が、すでに恋人は死亡
全てを聞いた主人公は叫び声に近い笑いをしながら友達をバットで撲殺
その後、主人公は屋敷の中に消えていく
BADEND2
1番真実に近い終わり方
⇒戦闘に敗北
「怪物に喰われる(殺される)くらいなら…」と自分の首をカッターで切りつけ笑いながら死亡
BADEND3
1に近い終わり方
⇒「逃げる(何も出来ない)」を三回連続で選択する
(主人公のHPを怪物の攻撃三回で0になるよう設定しておく)
主人公、全てが分かる
誕生パーティー開催
TRUEEND

以上です
考えるのに苦労しましたがやっとそれっぽいものは出来ました!
てことで皆さん、感想、意見などなんでもいいのでコメントお願いします!!
最後になりましたがここまで見てくださってありがとうございました!!
じゃね!
スポンサーサイト

Posted on 2015/07/10 Fri. 12:08 [edit]

CM: 4
TB: 0

« 「ひぐらし」を求めて…  |  有為の奥山今日越えて・・・ »

コメント

No title

めっちゃいいと思うよ!(`・ω・)b

にゃとみこ #- | URL | 2015/07/10 13:26 * edit *

Re: No title

> めっちゃいいと思うよ!(`・ω・)b
ありがとうございます!!

海舟jr #- | URL | 2015/07/10 13:57 * edit *

No title

考えてくれてありがとうね(´ω`*)

RPGツクール的には設定できないこともないと思うナ
でも内容的に小学生がプレイしちゃうとトラウマんなるかもしれないから
ちょっと変更するかもです(´w`)ご了承

WINO@情報部㊞ #- | URL | 2015/07/14 17:57 * edit *

Re: No title

> 考えてくれてありがとうね(´ω`*)
>
> RPGツクール的には設定できないこともないと思うナ
> でも内容的に小学生がプレイしちゃうとトラウマんなるかもしれないから
> ちょっと変更するかもです(´w`)ご了承
忙しい中読んで頂いてありがとうございます!
すみません、そっちのほうは配慮が届いてませんでした
ご意見ありがとうございました!

海舟jr #- | URL | 2015/07/14 18:04 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaisyuu219.blog90.fc2.com/tb.php/487-058b7ff9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。