海舟jrの日々

ではまた会おう

----

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

0109

「ひぐらしのなく頃に」ミステリー論争  

ちわ、海舟です

前回の記事にちょろっと「ひぐらしのなく頃に」のことをを書いたんですが

あの後、ひぐらしのことを色々調べていると面白いことを見つけたので

今回、書いてみようかな、と

ネタバレ食らうとあれなんでご注意

では追記から
とりあえず直リンクで来た人のために空白を             


































「ひぐらしのなく頃に はミステリーなのか?」この論争はされ尽くされ

勿論、否定派はいるでしょうがだいたいの人は結論が出きっていると思います

「ミステリーではない」「ミステリーに見せかけたホラーもしくはサスペンス」であると

その理由の1つ目はミステリーの大原則である「謎解きに必要な要素が書かれている」ことに反するからです

「鷹野が属する 東京 (という?)組織の存在」や「神様「羽入」の存在」、

「タイムスリップ」、「細菌による風土病とその症状」。こんなもんでしょうか

これ、全部後から分かるんですよねぇ…特に羽入の存在は酷いチートな存在…


残念ながら僕は基本(?)の八編と少しの編しかプレイしたことがないので羽生にまつわる話や

夏美(名前うろ覚え)にまつわる話、魅音が大人になったあとの話を知らないんで偉そうにしゃべれないんですが

もうちょいぶっとんだ要素があるはず… 


2つ目は「ファンタジー要素が入っていること

上に書いた要素は普通のミステリーでは取り上げられないようなものばかり

組織や風土病はは百歩譲っても神様とタイムスリップは流石に推理する側の前提条件として難しい

見えないものが動いたり、知らないはずのことを知っていることが起こるからだ


ではここで僕の体験談を書いてみます

出会いはひぐらしを熱狂的に好きな中のいい友人に勧められ時

「正解率1%の謎に挑め!」というあたかもミステリーであるようなキャッチコピーがあるのを

教えてもらって興奮して即プレイしたところ

「鬼隠し編」「綿流し編」でミステリーっぽい終わり方をしたので

1週間前に8年ぶりに復活した「安楽椅子探偵」の問題編をみた後のようにグルグルと頭を働かせ

「多分次の編で前の2編と共通する推理の要素が出てくるのでは?」と勝手に結論付けて

「祟殺し編」をプレイすると出てきたのは

「謎の大災害」と「主人公が死ぬ間際手に入れた祟で人を殺す能力」。

一気にきな臭くなり次の編「暇潰し編」では「未来を予知する少女」。

「これミステリーじゃなくね?」祟殺しに暇潰しでやっと確信しました

綿流しで気付く方もいらっしゃるようなのでまだまだ若輩者ですが(汗

んで解答編を見ると

「うわぁ…やっぱり…」

そして、このジャンル云々の話の肝は

「「ひぐらし」はミステリーではない!」と仰る方々が必ずといって声を揃えて言うことでもありますが

ひぐらしの作者、竜騎士07氏が「ミステリーと勘違いさせるような書き方をしている」ことです


僕のひぐらしが好きな理由は「ビビリのくせにグロい描写とかサイコな描写が好き」だとか

「キャラの設定や容姿が好き」とかもありますが

「色んな要素をわけのわからないくらいぐっちゃぐちゃに詰め込んでいること」が一番なんすよ

僕の友達の場合は異常にグロが好きで羽入とかちっちゃい子が好きな人(ロリコン)なので分かりませんがw


そんな僕は完全に竜騎士07氏の掌の上で踊らされかけたわけですが

一部の「騙された」人達がたまにネット上で

「ミステリーにぶっとんだ要素を入れんな!」と仰ることがあるそうですが

ミステリーじゃなくホラーやサスペンスですやん。

ホラーやサスペンスにぶっとんだ要素をぶっこんでもいいじゃん、というふうに感じます

まぁ、あくまで個人の感想ですがw

てことで色々書きましたが今日はここらへんで(投げっぱなし)w

ひぐらしのことわからないけどこの記事を読んじゃった方は是非ひぐらしの要素ゲームをプレイするなり

アニメやらを見ることをおすすめします

色んな意味で(結構ネタバレしてるけど)なかなかショッキングでおもしろいです!!(白目)

そういえば、ひぐらしにまつわる話ですが
 
最近、ノロウィルス騒動でお世話になったメジナと一緒にゲーム(殆どの作業を任せてストーリーだけ)を作ってます

このゲームの原案はひぐらしを見て思いついたもので結構自信作です

近々、このことを書けたらな、と思います
 
じゃね!

〜P.S〜 読みにくすぎたのでがっつり加筆しました 2016/1/9 22:07
スポンサーサイト

Posted on 2017/01/09 Mon. 17:14 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 燃えてすぐ消える  |  海舟は疑心暗鬼なのか »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaisyuu219.blog90.fc2.com/tb.php/542-70623602
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。